輪王寺の森づくり

植樹祭2006

植樹予定地

境内

石ノ森萬画館

準備が整っている植樹予定地。境内では、石の森漫画館グッズ、木工グッズ、堆肥や木酢液、竹炭、冷たい飲み物を販売していました。参加者には、毎日新聞からタオルがプレゼントされました。

宮脇先生講演会

宮脇先生講演会

昨年と同様、本堂はぎっしりと人で埋め尽くされました。輪王寺住職のあいさつに続き、”世界の植樹マン”宮脇先生の登場です。
本物の森のメリットや植樹のポイントについて、熱心に話をされました。

植樹マンムービーの上映

植樹マンムービーの上映

植樹マンムービー第2弾。今回のテーマは、「僕らの地球を守る森と海」です。

石の森章太郎のヒーロー、シージェッター海斗と植樹マンがタッグを組んで、環境を破壊する怪人達をやっつけました。石の森漫画館の協力を得て、アクションシーンの迫力が大幅アップです。

宮脇先生と梅原市長の公開対談

宮脇先生と梅原市長の公開対談

宮脇先生の講演に感銘を受けた市長は、「100万本の木を植える」という公約実現への手応えを感じられたご様子でした。
”世界の植樹マン”宮脇先生は、何度も”仙台の植樹マン”梅原市長の手を握り、「今日おっしゃられたことを実行して、是非仙台を本物の杜の都にしてください」とエールを送っておられました。

植樹開始

植樹開始

受付のときに振り分けられた班に分かれて、いよいよ植樹の開始です。気温は30度近かったかもしれません。厳しい暑さの中でしたが、昨年参加された経験者も多く、作業は手際よく進みました。 一本ずつ木を植えていき、木のいのちを活かすという実践は、子どもたちにとってまたとない「いのちの教育」です。

植樹の様子

植樹の様子

植樹の様子

植樹の様子

親子総出で植樹をする家族、おじいちゃんといっしょに植樹をする男の子、もちろん、植樹マン、シージェッター海斗、破壊デビルもいっしょに、汗を流して植樹をしました。
本当に暑い中、お疲れ様でした。

「本物の森」に生まれ変わります

今回植樹をしたのは、市のトンネル工事のために杉並木を伐採した参道の斜面です。 少し元気のない杉の並木だった参道が、「本物の森」に生まれ変わります。 今回は、45種類6000本の苗を植えました。 トンネル工事の進展に合わせて、平成20年までに今回の6000本と合わせて30000本の木を植える予定です。

お楽しみ抽選会

お楽しみ抽選会

植樹を終えたあとは、抽選会です。抽選場は4カ所あり、命の森セット、石の森漫画館入館券、植樹マンTシャツ、仙台ガールズ観戦券など、好きな賞品の場所に並びます。「特賞当たり!」の声に、境内がどよめきました。 お寺を後にする前に、昨年植樹をした辺りを懐かしそうに散歩される方々がたくさんおられました。

輪王寺コンテンツ

  • ホーム
  • 歴史
  • 境内のご案内
  • 坐禅と写経
  • 年中行事
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • いのちを守る森の防潮堤
  • 輪王寺の森づくり
  • 植樹マン
  • フォレストベンチ工法
  • エコロジー
  • 輪王寺ブログ
このページの先頭へ