輪王寺の森づくり

植樹祭2007

予定地

この日のために、何ヶ月もかけて準備してきた植樹予定地です。

読経

午前10時、植樹祭の成功と世界の平和を祈念して読経を行いました。

腹ごしらえ
手作り豚汁
食器洗浄車

植樹の前に腹ごしらえ。やきそば、やきとり、フライドチキンなど、 豊富なメニューがそろっていました。
中でも、老人会の手作り豚汁は一番人気でした。
地球にやさしく、容器も洗ってリユースです。

ワッキー貝山さん
いのちの森ってなんだろう

本堂では、ワッキー貝山さん達のお笑いでなごやかなムードになったところで、オリジナル映画「いのちの森ってなんだろう」が上映されました。子ども達にも植樹の意味がよくわかると宮脇先生にも絶賛されました。

梅原仙台市長

それから、梅原仙台市長のあいさつです。「市の植樹でも宮脇方式を採用いたします!」と力強く宣言されました。

恒例の宮脇先生の講演では、「つなごういのちの輪、まじぇるまじぇる」と題して「本物の森は1000年はもつ、何十年もかかってできるといわれてきた本物の森が、私のやり方だと10年でできる」と力説されました。
いやがおうにも植樹の意欲が高まったところで、植樹の開始です。

宮脇先生
植樹ウーマンコノハ
植樹ウーマンコノハ

みんなが配置につくと「植樹ウーマンコノハ」ショーが始まりました。子ども達は大喜びで声援を送っていました。

梅原仙台市長

今回宮脇先生は、梅原市長、楽天のキーナートさん、日置副住職に手伝って貰いながら、植樹の仕方を説明されました。

植樹の様子
植樹の様子
植樹の様子
植樹の様子
植樹の様子
植樹の様子

いよいよ植樹が始まりました。 暑くも寒くもなく、気持ちよく動けます。1000人余りのメンバーなので、1人10本ほどの木を植えました。 子どもも大人も力を合わせて、植樹です。ワラ敷きに入るころには「いやしのコンサート」の歌声がみんなを励ましてくれました。 1時間ほどで、10000本の植樹が終わりました。

植樹の様子
いやしのコンサート

「いやしのコンサート」には、あんべ光俊さん、横浜のすだちさん、ソプラノ歌手・雨谷麻世さんが出演されました。

お楽しみ抽選会
お楽しみ抽選会

お楽しみ抽選会では、どんな賞品が当たったかな?外れた方にも、もれなく植樹マンオリジナルDVDがプレゼントされました。地球によいことをして楽しんで…、みなさんすがすがしい表情でお寺をあとにされました。

抽選会の賞品の一部。
輪王寺のスタッフ手作りの植樹マングッズです。

手作りの植樹マングッズ

みなさんの植えた木は年々伸びています。
ほんものの森に遊びに来てください

2004年6月から1年後

2004年6月から1年後(2005年6月)

2年後

2年後(2006年6月)

3年後

3年後(2007年5月)

植樹から1ヶ月後

植樹から1ヶ月後(2005年6月)

1年後

1年後(2006年6月)

2年後

2年後(2007年5月)

植生マンと傘

輪王寺コンテンツ

  • ホーム
  • 歴史
  • 境内のご案内
  • 坐禅と写経
  • 年中行事
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • いのちを守る森の防潮堤
  • 輪王寺の森づくり
  • 植樹マン
  • フォレストベンチ工法
  • エコロジー
  • 輪王寺ブログ
このページの先頭へ